Zlasikのメリット

1) エネルギー量が小さい

フラップ作成時の照射エネルギーがイントラレースレーザーよりも小さく、照射時間が短いのが特徴です。また、角膜切開面が非常にキレイに仕上がり、術後の炎症も少なく、術後に眩しくなる症状が出る確率が低いというメリットもあります。

2) 組織ダメージが少ない

 

FEMTO LDVの場合エネルギー量が小さいため、角膜の組織に与えるダメージも少なく、眼への負担が最小限で済むので、術後の炎症が少ない利点があります。また、フラップがスムースで術後経過が良好です。

3) 照射の隙間が生じない

 

レーザーが照射される部分が90%以上重複するので、スポットに隙間が生じないため、よりなめらかなフラップが作成される。

 

4) 施術時間が短縮

 

フラップ作成後、ベッドや部屋を移動せずにそのままエキシマレーザーの照射行程に入れますので、施術時間が短縮され眼への負担が軽減されるメリットもある。