Zlasik+ と iLasik の比較 ~ 一目で分かる!

iLASIKは、エキシマレーザー照射におけるAdvanced CustomVueの技術により、これまでのレーシック手術では困難だった角膜のわずかな歪みまで矯正が可能なため、同じ視力1.2でもよりクリアな視界を得られるのが特徴で、現在までのレーシックの手法としては最も優れた術式とされてきました。

 

右⇒従来のレーシック

iLASIK (よりクリアな視界)

下図を見ると違いが一目瞭然です。

フラップ作成に使用するフェムトセカンドレーザーが違います。


iLASIKではイントラレース(Intralase FS60)を使用しますが、Z-LASIK+ではイントラレース(Intralase FS60)のかわりに新世代フェムトセカンドレーザーFEMTO LDVを使用しています。イントラレースにみられた角膜切開面の溶融や周囲組織への侵襲がなく、層間角膜炎の発症を軽減・抑制することができ、さらに安全で質の高い治療が可能になりました。それがZ-LASIK+(Zレーシック・プラス)です。

※最近、欧米でもイントラレースから、FEMTO LDVに買い換えている施設が増えているとのことです。

<注>

新世代フェムトセカンドレーザーFEMTO LDVを使用するイントラレーシックのことをまとめてZレーシック(zLASIK)と呼びますが、上図のように、その後に照射するエキシマレーザーもiLASIKと同じ最新型エキシマレーザーSTAR S4IRを使用するときにはZ-LASIK(Zレーシック・プラス)と呼んで区別しているようです。